2017年6月22日 (木)

花壇などの花植えをしました。




P1040525.JPG

2017年6月21日 (水)

全学年の歯科検診。

2017年6月20日 (火)

思い出の写真を閲覧しました。

2017年6月16日 (金)

中体連の試合会場となる常盤公園野球場で練習。

飛んでいったボールを探すのは一苦労。



アルバム用の写真撮影。




2年生の教室。一生懸命取り組んでいます。

2017年6月15日 (木)

真剣に取り組む3年生。

2017年6月14日 (水)

どの教室も勉強している人ばかり。ただし、体育館に行った生徒を除く。

2017年6月13日 (火)

消火器の使い方を実演。



2017年6月12日 (月)

怖いくらい回ります。発電量30Wくらい。

2017年6月10日 (土)

【技術・家庭科の話題】

プログラミングの基本は、「繰り返し」と「条件分岐」の2つです。意外と思われるかもしれませんが、これだけです。

例えば、生徒の評定をプログラミングで算出する場合、テストや日常の点数を全生徒分、「繰り返し」処理で、計算させます。最後は、「条件分岐」で85%以上なら評定は5、70%以上なら評定4とします。この説明は大雑把ですが、案外そんなものです。させることは単純です。ひたすら単純です。

それよりも、プログラミングで難しいのは、「○○させたい」という処理内容の具現化です。数学の文章問題みたいなものです。文章で書かれた内容をプログラミングしてコンピュータに処理させるのですから、文章問題の文章を読んで、式に置き換えていく手順と同じです。プログラミングをする上で、ここが一番のネックとなるでしょう。

あと、プログラミングに必要な知識といえば、間違いなく英語。サンフランシスコのプログラムの現場でも、アルゴリズム(プログラムの処理のさせ方)は、ネットで検索しています。英語がネイティブな人は、そのまま英語を使いますが、日本人も英語を読まなくてはなりません。こういう情報は、英語ではたくさんあるのですが、日本語では書かれていないのです。また、翻訳ソフトは、プログラミングの命令と説明がどちらも英語なので、混ざって意味不明の日本語になってしまいます。

「プログラミング教育」と呼ばれるものの内容を眺めると、キャラクターやロボットを動かすのがプログラミング教育のように感じるのですが、それはすでにプログラミングされたものを使っているので、プログラミングではありません。現実にプログラミングしている人と、プログラミングをしたことがなくて、こんなものだろうと思っている人とのギャップが大きいかもしれません。

2017年6月 8日 (木)

旅行的行事が終わり、学校祭や陸上競技大会への動きへ。



P1090304.JPG

修学旅行の解団集会。



2017年6月 7日 (水)

レク集会。大縄跳びの様子。

時にはちょっと違う環境で勉強してみよう。熱心に勉強しています。



上記より以前の記事