2021年1月22日 (金)

「思っていたのと違う...」
普段、本校に隣接する中学校は、東白石中学校・あやめ野中学校・北野中学校・羊丘中学校くらいと思っているのではないかと思います。実は、本校の校区は非常に広く、札幌ドームや羊ヶ丘展望台はもちろん、北海道農業試験場も含まれるので、先述の学校以外に、清田中学校・真栄中学校・西岡中学校・西岡北中学校と合計で8校と隣接しています。
tonari-no-gakko.jpg
西岡北中学校は、本校を隣の中学校とは思っていません。西岡中学校も真栄中学校も「隣の隣の隣の中学校」と思っているはず。

2021年1月12日 (火)

タブレット端末保管庫が設置されました。Wi-Fiルーターも設置されています。タブレット本体は春になる予定です。
P1150244.jpeg
1人1台のタブレット Q&A
Q.デジタル教科書導入で、かばんの荷物が減る?
A.現在、国レベルでデジタル教科書導入の検討はおこなわれていますが、数年後以降、もしも公立中学校に導入されても、あくまでも紙の教科書との「併用」です。1.5kgの荷物が増えます。荷物を減らすために、デジタル教科書を導入するわけではありません。

Q.タブレット導入で、マンツーマン指導が可能になる?
A.教師の人数は変わらないので、1人に対応できる時間が増えるわけではありません。直接、授業中や休み時間を使って、教科担任に質問するほうが早いと思います。個に応じた課題に取り組むというスタイルでは、活用されていくのでしょう。

Q.タブレット導入で、宿題は増える?減る?
A.個人的な予想としては、紙に印刷をする手間がないので、放置すると膨大な量になってしまうと思います。現段階でも、印刷機の進化によって、気軽に宿題をたくさん印刷できる環境にあって、ガリ版の時代よりも圧倒的にプリントが増えていると感じませんか? 保護者からの要望では、「宿題をもっと増やしてほしい」「宿題が多いので、減らしてほしい」と相反する意見を毎年いただきます。要望としていただく声とサイレントマジョリティと学力の実態とのバランスを取りながら、宿題の量を調整していくことになるのではないでしょうか。

2020年12月23日 (水)

ふと気づいた文字。「喜怒哀楽」ではなく「喜努哀楽」。誤字なのか、意図的なのか...。
P1150176.jpeg
一部の学級で、カレンダーができました。
P1150187.jpeg

2020年12月21日 (月)

クリスマスの日が2学期最終日。カウントダウンはあとわずか。
P1150140.jpeg

2020年12月17日 (木)

見た目は爽やかな朝。寒いですが。

青い空に赤いサンタさん。
P1150073.jpeg
文化発表会で制作したステンドグラスが映えます。
P1150074.jpeg

2020年12月 5日 (土)

普通教室に並ぶ、欄間のサーキュレーター。
IMG_4147.jpeg
教室内の空気を廊下に排気します。
P1140935.jpeg
廊下に排気された空気は、向かいの特別教室の換気扇で外に排気されます。
P1140936.jpeg
実際には、特別教室の換気扇で特別教室内の空気が負圧になり、廊下から特別教室への空気の流れを作ります。普通教室内には、夏に扇風機として使ったサーキュレーターがあるので、教室内の空気は常時流れるようにしています。それを欄間のサーキュレーターで強制排気しています。
「1時間に一度、窓を開けて換気を」という方式の場合、最低50分間も密閉空間になります。常時換気よりも何倍も感染リスクが高くなります。

【追記】
文部科学省からの最新資料では、常時換気ができない場合「30 分に1回以上、数分間程度、窓を全開する」となっています。以前の資料では90秒だったのですが、新しい資料で、数分間と長くなりました。これからの時期のことを考えると、想像するだけで震えます。きっと寒暖の繰り返しによる体調不良も多発することでしょう。普通教室にも換気扇を設置してほしいものです。

2020年12月 2日 (水)

サッカーの側は、一面、白いのですが、野球側は様相が違います。
P1140901.jpeg
グラウンドの整備の仕方で、こういう違いがでるのだそうです。
P1140902.jpeg

2020年11月29日 (日)

懇談や教育相談で使用するパーティション。透明なので写真でわかるかどうか。
P1140839.jpeg
「パーティション」のことを「パーテーション」とか「パーテイション」と言う人がいますが、英語で「partition」なので「パーティション」です。でも「パーティション」と言っている人はほとんどいないような気がします。

2020年11月24日 (火)

バーチャル背景ではなく、リアルペーパーの背景を作りました。リモート学活でバーチャル背景はコミカルですから。
P1140791.jpeg

2020年9月 5日 (土)

「天災は忘れた頃にやってくる」と言われますが、コロナのドタバタで、2018年の北海道胆振東部地震が遠いことのように思ってしまいがちです。ここで当時の写真を紹介しながら、振り返ります。

2018年9月6日の朝、校内の状況を点検。

コンピュータ室のコンピュータのディスプレイがバタバタと倒れていましたが、倒れるだけで済んだようです。
P1110121.jpg
図書室は、本が棚から落ちていましたが、写真に映る部分だけで、他の棚からは落ちていませんでした。
P1110122.jpg
校地内の木が傾き、外物置に寄りかかっていました。ただし、これはその2日前の台風の影響ではないかと思います。
P1110142.jpg
体育館には、ボルトとナットが床に点々と落ちていました。天井から落ちたものと考えられたので、点検が済むまで体育館の使用を控えることにしました。
P1110127.jpg
9月14日に、天井の点検をおこないましたが、体育館の天井はボルト等に異常はなく、何のボルトかは謎のまま。
P1110154.jpg
本校は、太陽光発電パネルが設置されていますが、停電時にはスイッチを手動で切り替えて、100Vの電源を供給できるようになっています。そのことに気づいたのは、地震の2週間後...。
P1030801.jpg
停電で、学校ホームページや保護者メールも使えなくなりました。市教委からは、Twitterなどの外部の情報発信手段が許可されていないので、玄関に張り紙。
IMG_20180909_083219.jpg

2020年6月 7日 (日)

ふと見上げると、西玄関にも東玄関にも、天井に情報コンセント(LANケーブルのソケット)があります。情報コンセントがない普通教室があるくらいなのに、なぜここに......。
44E9AA93-7D8B-486F-8BA1-9120AFF287D6.jpeg
理由は、関係者ならすぐにピンと来ることでしょう。

2020年5月31日 (日)

新たな進路資料コーナーができました。進路の悩み解決のお手伝いをします。
IMG_20200511_110716.jpg

2020年5月18日 (月)

以前、生徒会役員が作成した東月神社というものがありました。たくさんの受験生が合格祈願をしていました。
P1030450.JPG
神頼みで合格するわけはなく、神頼みをすることで気持ちを落ち着かせ、合格に近づくと考えれば意味はあると思います。

また、歴史の中で、疫病が広がったときは、神頼みをしていたといいます。奈良の大仏を作ったのも、仏教の力で疫病を追い払うためだったそうです。

2020年5月15日 (金)

新千歳空港は、冬になると雪が降ります。地面に積もった雪が光の反射板の役割をして、飛行機の胴体下側を照らします。雪国でないと撮影できない写真です。
IMG_1111.jpg
IMG_5017.jpg
IMG_5338.jpg
IMG_5842.jpg

2020年5月11日 (月)

【技術・家庭科の話題】
「飛行機撮影は中毒性がある」と言われます。いろいろな飛行機が飛んでくるというのもありますが、空を飛ぶものなので、季節や天候、時間帯でさまざまな表情を見せるのも魅力なのでしょう。

雨が降ったあとに虹が出れば、それだけで得した気分になりますが、そこに虹をあしらったデザインの航空機が離陸したときの写真。
IMG_4234.jpeg
角度によって、滑走路の誘導灯が機体に映り込む瞬間があります。
IMG_8583.jpeg
気圧が低ければ、翼で発生した水蒸気が幻想的な雰囲気を醸し出します。
IMG_8407.jpeg

2020年5月 8日 (金)

本校の屋上には、太陽光発電パネルがあります。2015年2月に取り付けが完了しました。
P1030801.jpg
意外と大きいパネルです。
P1060852.jpg
学校の電気料金の節約のほか、地震などの停電時に非常用電源として活用されるはずでした。記憶に新しい2018年9月6日の北海道胆振東部地震では...。

2020年5月 7日 (木)

2014年3月の写真です。電球を取り替える作業をしたのですが、誰が言ったのか、体育館の照明もLEDになったと伝わり、一部の先生は最近までそう思っていました。「このLEDって点くの遅いよね」と。
P1000128.jpg

2020年5月 2日 (土)

給食室の前に食器を保管しておく部屋があります。この部屋を窓から覗く(衛生上の理由)と、黒板やスピーカーが確認できます。避難経路の掲示もあります。
P1130045.jpeg
過去には、仮の普通教室や特活室、部活動用品格納庫として使われていたようです。通常、北側には、普通教室は配置しないので、開校当時にあった北側の普通教室はすべて仮のものでした。なお、現在、文部科学省の学校施設整備指針には、「普通教室は南側」という記述は消えています。

2020年4月28日 (火)

学校の設計図を見ると、もう少し校舎は長く作られる予定だったようです。
IMG_1159.JPG
実線部分が第2期工事の校舎で、破線部分が第3期工事の予定部分。西階段の横に水飲み場が予定されていたようです。この半教室分が短いため、一番左の部屋も半分となり、現在配膳室と使われている部屋となっています。1階の西玄関の作りが変なのも、この影響なのでしょう。

2020年4月26日 (日)

かつて本校にはプールがありました。
IMG_2739.jpg
内部の様子。
IMG_3237.jpg
夕日とプール。
IMG_2441.jpg
解体工事の様子。
slooProImg_20150630192237.jpg
2014年7月に更地になりました。
slooProImg_20150724140128.jpg

2020年4月23日 (木)

1階にある部活用具庫と隣の用務員作業室は、開校当時、保健室でした。
P1130051.jpg
P1130048.jpg
中を覗いても、今は保健室らしい設備は残っていませんが、天井の新しいパネルが、当時ベットを仕切るカーテンがあった場所だと推測されます。ただしLED工事でもパネルの貼り替えはありました。
P1130047.jpg
電気暖房制御盤に保健室という文字があります。動かぬ証拠です。
P1130049.jpg
保健室は、怪我人が発生しやすい体育館と救急搬送のために玄関に近い場所ということで、通常1階に配置されます。現在でもネットで検索すれば、全国的に1階に保健室がある学校が多いのがわかります。
ところが札幌市内の中学校では、平成の初めに1階から2階の職員室が近い場所に移動している学校がいくつもあります。大きな工事をしてまで移動した理由は、当時の学校の状況が、そうせざるを得なかったということです。

2020年4月22日 (水)

先日投稿したモアイの別アングル。「3密」を避けて配置されています。
IMG_2229.jpg
すっかり定着した「3密」という言葉。しかし、仏教用語の「三密」とまぎらわしく、違和感を覚える人もいるようです。「3密」を「三密」と表記するとさらにまぎらわしいのですが、誤表記する例も少なくありません。
この「3密」ですが、最初の頃は「密集、密閉、あともう一つ何だっけ」という感じでしたが、ネット上では、「集近閉(しゅうきんぺい)」という言葉が出回っています。「3密」と言われるよりもわかりやすいとSNS上で拡散されているそうですが、トランプ大統領が「China Virus」と言うのと同様、問題がありそうな表現です。

2020年4月21日 (火)

外出を控える日々が続く中でも、季節は移り変わり、もうすぐ春になろうとしています。北海道の桜の季節は、一般的にはまだなのですが、「札幌で最も早く咲くサクラ」が早くも開花しています。 IMG_2230.jpg
サクラ開花待ってた 札幌・西区発寒:北海道新聞 どうしん電子版

札幌市営地下鉄宮の沢駅6番出口そばにあるヤマザクラで、近隣の住民に「札幌で最も早く咲くサクラ」として知られている。隣のビルの排気口から出る温風の影響とみられ、例年、札幌のサクラの標本木よりも2週間から10日ほど早く咲くという。

2020年4月20日 (月)

【休校特別企画 昔を振り返るシリーズ】
トイレの写真を撮ることはほとんどないのですが、改修工事の写真があったので、紹介します。(食事中の方はごめんなさい)

改修前の様子。いつも人がいないスペースだったのを覚えています。
IMG_3238.jpg
IMG_3239.jpg
昭和の雰囲気があります。
IMG_8348.jpg
外から見た工事の様子。
IMG_8363.jpg
コンクリートは、校舎の南側からアプローチ。
IMG_8457.jpg
教室を横切ります。
IMG_8466.jpg
そして、トイレにたどり着きます。
IMG_3387.jpg

2020年4月17日 (金)

札幌市内にあるモアイも、マスクで感染予防対策。
IMG_2226.jpg

2020年4月16日 (木)

校内から見えた風景、2013年7月の写真。
学校のすぐそばにコンビニができたというのが、このときの生徒の話題でした。その後、2018年にコンビニ2社(3社?)が統合。すぐそばにすでに同じコンビニがあったため、こちらが閉店。

卒業生には、この光景も懐かしいのではないでしょうか。
IMG_7323.JPG

2020年4月15日 (水)

このガンダムは、2016年の学校祭で学級展示として作成されたものです。通常、学校祭が終わったあとに破棄をするのですが、あまりにも出来が良いので、この場所に置かれるようになりました。今では、校内のランドマーク的な存在です。
P1130044.jpg
中に人が入って、歩くこともできます。

2017年11月には、中学校美術・書道展にも出展されました。

2020年4月14日 (火)

校門近くのモニュメント。2013年4月の写真です。モニュメントの後ろにある木は、2018年の台風で傾いたために撤去したので、今はありません。
IMG_0984.JPG
昭和61年に第3期の増築工事が終わり、記念に教育委員会から贈られたものだそうです。
全道展会員の山本和也さんの作品で、台座の「翔(はばたき)」の文字とともに書かれている「小笠原 茂」というのは、この台座の文字を書いた第2代校長の氏名です。大空にはばたくようにたくましく生きてほしい、という願いが込められています。